名古屋城の魅力を再発見シリーズ1「天守閣編」開催します!

僕が副理事をつとめる名古屋国際観光推進協議会(NITA)では、ふるさと「名古屋」を
学ぶための勉強会「郷学(ごうがく)」を企画開催しています。
2日前に第2回目の郷学が終わったばっかりだけど、来月第3回目を開催するよ〜

 

テーマは、ずばり名古屋城!
そしてさらに今回は「天守閣」をクローズアップして、広島大学教授三浦正幸先生に
講演をしていただきます。お城好きな人も、そうじゃない人も、楽しみながら
勉強できるからオススメ!!「名古屋城なんて、コンクリートじゃーん」
「名古屋城に行ったって、全然おもしろくなーい」なんて思っている人には、
特にオススメだよ〜。90分の講演のあとは、先生と僕、クリス グレンと一緒に
名古屋城ツアーもやっちゃうよー。ぜひ「郷学」参加して、ふるさとの魅力を発見
しましょう!そうすると、自分の地元にさらに誇りを感じると思うよ。待ってまーす!

スクリーンショット 2014-04-22 20.33.58

【日時】2014 年 5 月 17 日(土)
受付 13:00~  講演 13:30~15:00  、名古屋城ツアー 15:15~16:15( 予定 )

 

【場所】
トークショー:名古屋能楽堂「会議室」
名古屋市中区三の丸一丁目1番1号 (名古屋城正門前)
ツアー:「名古屋城」

 

【講師】広島大学教授 三浦正幸氏
進行:名古屋国際観光推進協議会 副理事 クリス・グレン

 

【料金】1,500 円  ※事前にお振込ください(当日1,700円)
※小学生以下 無料
(講演+名古屋城ガイドツアー参加料込)
※名古屋城入場料は別途(500 円 / 人)が必要です。

 

【定員】60名

 

【申込方法】
http://go-nagoya.jimdo.com/
当団体のサイトより、クレジットカード決済も可

 

★ゆうちょ銀行から、お振込みいただく場合
ゆうちょ銀行 記号:12160
番号:94333071
口座名:トクヒ)ナゴヤコクサイカンコウスイシンキョウギカイ

 

★他金融機関からの振込の場合
【店名】二一八 ( 読み:ニイイチハチ )
【店番】218
【預金種目】普通預金
【口座番号】9433307
トクヒ)ナゴヤコクサイカンコウスイシンキョウギカイ

 

★ジャパンネット銀行
すずめ支店002
口座番号:3889395
口座名 トクヒ)ナゴヤコクサイカンコウスイシンキョウギカイ
特定非営利活動法人名古屋国際観光推進協議会

 

※口座へお振込み後、参加者全員 のお名前とお振込金額、
ご連絡先電話番号 振込名を記載して、 info@go-nagoya.com 宛に
メールをお願いします。

 

★URL(http://goo.gl/7JpOvo)を入力すれば PC からも参加申込みできます。

 

————————–——————-
■プロフィール(順不同・敬称略)
三浦 正幸
広島大学大学院文学研究科教授。1954 年、名古屋市生まれ。
東京大学工学部建築学科卒業、工学博士。一級建築士。広島大学工学部助教授を
経 て1999 年より広島大学文学部教授。専門は日本建築史および文化財学で、
城郭・神社・ 寺院・民家・茶室などの研究に従事。宇和島城・伊予松山城・
河後森城・能島城・津 和野城・三原城・岡山城・赤穂城・名古屋城・諏訪原城・
横須賀城など、多数の城跡 の整備委員会委員を兼務。
著 書 に 『 城 の 鑑 賞 基 礎 知 識 』( 至 文 堂 )『 城 の つ く り 方 図 典 』
( 小 学 館 )『、 神 社 の 本 殿 』(吉川弘文館)、『平清盛と宮島』( 南々社 ) ほか
多数。設計に岡崎城東隅櫓・高根城井 楼および城門・河後森城馬屋・吉川元春館
台所・万徳院風呂屋・饒津神社唐門および 両部鳥居など多数。現在は浜松城天守門、
諏訪原城馬出門の再建にも携わっている。

 

クリス・グレン
オーストラリア・アデレード市出身。名古屋市在住。
‘85 年(16 歳)ロータリー交換留学生として初来日。高校の先生からプレゼントされた、
吉川英治の「宮本武蔵(英語版)」を読み、日本の歴史文化の魅力、武士道の精神の
とりことなる。92 年、再来日。日本でラジオ DJ・タレントとして活動する傍ら、
甲冑師に 弟子入りをし自らの甲冑を制作するほか、戦国の歴史、武将、合戦、城、
甲冑などに興 味を持ち、研究を行っている。訪れた城址の数は 300 カ所以上。
名古屋城だけでも、 日 本 在 住 2 0 年 の 間 に 5 0 0 回 以 上 は 訪 れ て お り 、
名 古 屋 城 へ の 愛 着 は 深 い 。 日本の歴史を守ること、日本の歴史文化の魅力を
国内外に伝えることをライフワー クとし、母国オーストラリアでサムライの文化を
紹介するイベントをはじめ、自らがガイ ドを行う「歴史ツアー」などを積極的に
開催し、好評を博している。

Recommended Posts

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA