桶狭間の合戦を観光に。「信長攻路」と命名!!

「桶狭間の合戦」を観光に!!


というわけで、織田信長が清洲城から桶狭間へ向かったルートを
もう一度、見直すために、今回は、作家の井沢元彦先生、桶狭間古戦場保存会
会長の梶野泉さん、郷土史家の舟橋武志さん、柏原藩織田家十九代当主の
織田信孝さん、名古屋学院大学現代社会学部教授の井澤知旦先生、そして
河村たかし名古屋市長と一緒に、2カ所ほど、新たな観光スポットになりそうな
ところをまわりました。バスの中も、盛り上がりましたよ〜!!

%e4%bf%a1%e9%95%b7%e6%94%bb%e8%b7%af2

視察のあとは、名古屋市役所に戻って、信長が通った可能性のある街道を選定し、
そのルートの命名をするための会議。いろいろ、みなさんでディカッションした
結果・・・


日本語名称:信長攻路(のぶながこうろ)~桶狭間の戦い 人生大逆転街道~  
英語名称:NOBUNAGA’s VICTORY ROAD



に決定しました!!


「行路」だと、のんびり、ゆっくりな感じがあるから「攻め!」の印象が
足りない。そのために今回は「攻路」に決定。そして、市長のこだわった
「人生大逆転」というワードが採用されて「人生大逆転街道」が入りました。


英語の名称は、シンプルに。「桶狭間の合戦」で「勝利した」こと、
そして、ここから信長の天下統一への道がスタートした「人生の勝利」に
続く道…という意味で「VICTORY ROAD」が採用されました。


なかなか、いいネーミングになったと思います!!
さて、ここからが本番。これをどう「観光」に結びつけていくか。
腕の見せ所ですね〜。僕も、いろいろアイディアを出していきたいと思います。
楽しみです!!



Recommended Posts

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA