ラジオDJデビュー30周年!

8歳の頃の夢は、ラジオDJかヘリコプターパイロットになること。
子供のころは、友だちと「ラジオDJ」ごっこをして遊びました。
高校を卒業した後が、ラジオやテレビなどの「メディア」を勉強するために
南オーストラリア州の放送専門学校へ通いました。


「卒業する前に挨拶に行っておいたほうがイイかな?」と思って
僕が子供の頃から聞いているラジオ局へ挨拶へ行きました。
本当に、ただの挨拶のつもりで行ったのに、局長との話は面接のような
雰囲気になり・・・


なぜ、そんなにラジオDJになりたいんだ。
ラジオ業界は、キミが思っているより厳しい世界だから、やめたほうがイイ。


と局長から言われ、
でも僕は「ラジオが大好きだから、どうしてもラジオDJになりたいんです!」
と、ひやすら答え、2時間ずっと、そんなやり取りをしました。


そうしたら局長が
「そんなにDJになりたいなら、数時間後の生放送をやってみろ!」と
僕に言うので、僕は慌てて準備をして、いきなり6時間の生放送を担当。
それが1986年3月13日。僕が18歳のとき。
そして、僕は翌週から、なんとレギュラーで6時間の番組を担当することに
なりました。挨拶が面接になり、それがそのままプロラジオDJとしての
デビューの日になりました。突然、夢が叶ってしまった(笑)

SubstandardFullSizeRender

あれから30年・・・
本当にラッキーなラジオDJ生活をおくらせてもらっています。
これも、僕を使ってくれるラジオ局、そしてリスナーの皆さんのおかげ。
30周年2
放送専門学校に通わせてくれて、ラジオDJになることを応援してくれた
両親のおかげ。そして何より、一番最初にチャンスをくれた局長のおかげ。
30周年1
30年前と同じ日に、ラジオの生放送ができるなんて本当に幸せ!
20年、30年後も、ラジオDJをやっていられたら最高です。
これからも、楽しい番組、素晴らしい音楽をお届けできるよう一生懸命がんばります。
すべての皆さんに感謝!!




ラジオDJ クリス・グレン

Recommended Posts

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA