第26回 織田信長サミット in清洲「明智憲三郎」先生の講演会

織田信長サミット第三部は、明智健三郎先生の講演会!!

先生の書いた「本能寺の変 431年目の真実」を読んで、すごく面白いと

思っていたので、僕も明智先生の講演を楽しみにしてました。

今回は、織田信長サミットということで、明智先生が「歴史捜査」した

信長の性格や桶狭間の戦いの分析、おもしろかったです!!

織田信長サミットに、信長を討った「明智家」の方がゲストで来るなんて

これも、けっこうスゴくない!?(笑)

400年以上たったからOKだけど、昔だったら考えられないね。

明智先生2

何が本当で、何が作り話なのか…

先生の言うように、戦国時代の歴史の話って「歌舞伎」「歴史小説」「ドラマ」

で、かなりデフォルメされていたり、つくられたストーリーも多いから

間違った歴史の情報も多いんですよね。同時に、よく言われることとして

「歴史は勝者によって書き換えられる」ので、よく調べてみると事実とは違う

ということも、けっこうあります。僕も、そういうことも含めて勉強している

つもりだけど、なかなか難しいです。もっともっと、勉強しなくちゃ!!

明智憲三郎先生の最新刊。「織田信長 433年目の真実」

織田信長って、ちょっと変わった人で、短気で・・・なんていう印象があるけど

実は違うっていう話もありますね。明智先生の本で、さらにそのあたりが勉強できそう。

読むのが楽しみです!!

写真 1

最後に、明智先生との2ショット。

明智先生

サインも、しっかりいただきました!!

サイン本

Recommended Posts

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA