■木下長嘯子邸址〜名古屋市・中村区〜

どーもどーもどーも!戦国の歴史大好き外国人タレント、クリス・グレンです。
「外国人が日本の歴史おもしろいって言うんだから 意外に日本の歴史って楽しいんじゃない?」と思ってもらうのが
僕の使命です。今日紹介するのは、木下長嘯子邸址。

 

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

 

木下長嘯子って誰???と思う人も多いですよね?木下長嘯子=木下勝俊のこと。木下勝俊=北政所(秀吉の正室)の
お兄さん(木下家定)の息子。うーん…すでに、ややこしいけど勝俊にとって、秀吉は義理の「おじさん」になりますね。
しかも!木下勝俊の弟は、小早川秀秋。勝俊の奥さんは「うめ」は、森可成の娘。戦国の歴史は、こういうつながりが
複雑だけど面白い!

豊臣秀吉につかえた勝俊は、関ヶ原の戦いでは、東軍にいました。ちなみに、弟の小早川秀秋は西軍にいて伏見城を攻めた方。
鳥居元忠と一緒に伏見城を守っていた勝俊だけど、西軍に攻められそうになると直前に逃げちゃった!?
(というより、助け出されたという話もあり)逃げちゃった勝利に怒ったのが、奥さんの「うめ」。それを理由に離婚。
しかも、彼の土地(若狭九万石)も没収されちゃったみたいです。歌人でもあった勝利は、木下長嘯子という名前で活動を
していて 、松尾芭蕉にも影響をあたえたらしいです。こうやって一人のことを知るだけでも、いろいろ面白いね。
歴史って、やっぱり楽しい!


【木下長嘯子邸址】

住所 : 名古屋市中村区中村町木下屋敷

Recommended Posts

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA